相手に伝わる叱り方とは? 3 ~信頼関係~

Pocket

※ オフィスさえきはチアビズに社名変更しました。

人と会社の「もっと輝く」を応援する
株式会社チアビズです。

こんにちは

感情のコンサルタント 佐伯るみです。

叱ったことが部下に伝わるには信頼関係が必要です。

同じことを叱られても信頼関係があれば、叱ってくれたと思えます。

「あの人になら叱られたい」とまで思われます。

ところが信頼関係がない中、叱ると返って関係が悪くなります。

 

信頼関係って一方的ではないですね。双方向です。

簡単にはできません。崩れるの早いけれど。

普段気持ちのよい挨拶をしていますか?

中には、部下、後輩が挨拶をしても、きちんと返さない人がいます。

これでは信頼関係はできません。

何か部下にしてもらったとき「ありがとう、助かった」と言っていますか?

この一言が、信頼関係にも尊敬にもつながるのですが、意識してますか?

 

その尊敬。

仕事でも立ち振る舞いでも、部下から見て「この人すごいな、ついていきたいな」という面があると、

叱られてもすんなり受け入れられるものです。

 

何も大きなことでなくていいのです。

何か部下が憧れるようなものを持っていると、自分に自信が持てます。

自信があると、部下に理不尽なことは言いません。

自信がない裏返しで、人に厳しくなることがあります。

 

 

アンガーマネジメントでイライラからイキイキへ 株式会社チアビズ
お気軽にお問い合わせください♪  
●電話で問い合わせる・予約する 042-800-1884

●WEBで今すぐ問い合わせをする

●プロフィール

●選ばれる理由

●研修依頼について

●募集中の講座をみる