Pocket

※ オフィスさえきはチアビズに社名変更しました。

パワハラ防止対策コンサルティング

 

2020年6月 「パワハラ防止法」が施行されました。大企業はもうスタートしましたが、中小企業は2022年4月まで準備期間があります。

「何から始めたら良いか」「コロナ禍でそれどころではない」というお声もあります。

パワハラがある企業は、社内全体の活気がなくなります。すると離職する人が増え、一気に生産性の低下に結びついてしまいます。

SNSの発達した現在、「パワハラがある」「セクハラされた」など、あっという間に広がってしまい、優秀な人材が集まらなくなります。

「パワハラ防止法」には罰金はありませんが、パワハラ防止のための措置を怠ると、企業名が公表される事もあります。

株式会社チアビズでは、「パワハラ防止法」の措置10項目に沿った「パワハラ防止対策コンサルティング」をご提案しています。

 

組織体制コンサルティング

  • 「パワハラ防止法」対策 作成

就業規則の変更、周知、徹底など、ゼロから担当者に伴走します

  • 適切に対応するために必要な相談体制の整備

相談窓口の設置、再発防止策の検討を行います

 

啓発・研修コンサルティング

  • 全社員が関心と理解を深めるために

階層別、全社員一斉など、繰り返し研修を計画します。パワハラ防止のための指針でも推奨されている「感情のコントロール法」を取り入れて行います

 

相談対応コンサルティング

  • 安心できる相談窓口のために

担当者の研修を行います。また希望がありましたら、社外相談窓口も担当し、連携して取組みます

 

行為者更生プログラム

パワハラに対して、厳しい目が注がれるようになりました。

「頭ではわかっていたけれど、ついカッときてしまって」

と、感情的になってしまった方

「パワハラになるとは思わなかった」

と、自分の常識が通用しなかった方

パワハラと認定され、謝罪、指導、場合によっては懲戒も会ったかもしれません。

そういう方が、同じ過ちをおかさないよう、まだ数少ない更生プログラムです。

株式会社チアビズの更生プログラムの特徴は

  • 行為者の話をじっくり聞く中で、行為者自身で課題を見つけてもらう
  • その課題に対して、どうやったら解決、改善できるかアドバイスする
  • その後の行動のコンサルティングする

こちらからプログラムを提示して、「この通りやってください」とか

このプログラムをしたことに  では改善が望めません

また、最近では被害者も、行為者に会社がどう教育したか、行為者がどう更生したか、を求めるケースが多くなってきました。

 

お問い合わせ・ご依頼はこちらへ